特別支援学級 登校班のこと

支援学級在籍の我が子と登校班〜急かすママにお友達の一言〜

今日は月曜日!何かと朝の支度がゆっくりになってしまうので、母もつい気合が入ってしまいます。

私自身、人を待たせるのがダメなんですね。

待ちたいタイプなんです。

いや、あなたを待ったこと何度もあるよ。という声が聞こえてきそうですが…(笑)

ふふふその方々ごめんなさい。

それもあって、登校班の子どもたちを待たせるのがとても嫌なんです。

そして、去年は怒ったり急かしてしまったりもしていました。

今朝は家を出て、左に行くのに、右にいる人のことを気にして止まってしまっったので(THE☆注意散漫)

「眉子(小2:自閉症スペクトラム障害)、こっち!」

「みんな待ってる!」

そのふた言だったのですが、

小学2年生の子に

「子どもはそんな急かされると、キツイんだよ。」

ホルン:「みんな待たせて悪いなって思っちゃって。」

「ワカメ学級(支援学級)の子だから大丈夫だよ。」

ホルン「そっか。。。」

そんなやりとりが小学生とありました。

最近朝急かしがちだなぁと反省です。

急かさないでも動く作戦を先週学んだ発達科学コミュニケーションのセミナーで聞き、実施しようと思っていたのに下準備が足りませんでした。。

よし明日から!

それにしても気持ちを言葉にできるってすごいなぁ。

気づかせてくれてありがとね。

登校班で小学校まで1.3km。片道40分。

毎日発見して前へ進みたい。

眉子(小2:自閉症スペクトラム障害)の自立のため。

そのための時間だと思って明日も歩きます。感謝。

【スポンサーリンク】



【ロクシタン オンラインショップ】

プロフィール

3児の母。長女:一本字眉子(小2・自閉症スペクトラム障害)、長男:ほほえみ太郎(年長)、次男:頰之介(0歳)の子育て奮闘中。

音楽療法士、臨床心理士、公認心理師

ここから発達らぼ代表

my interest:ピアノ、読書、禅(Zen)、シンプルライフ、タロットコーチング、おうち療育、モンテッソーリ教育、発達科学コミュニケーション、輝きベビーアカデミートレーナー

タグ

-特別支援学級, 登校班のこと
-, ,

© 2021 ホルンの子育て想いごと Powered by AFFINGER5