児童発達支援 子育て想いごと 発達障害とシンプルライフ 登校班のこと 自閉症スペクトラム障害

生命線を1ヶ月毎日なぞってみた結果

先月眉子(長女)に生命線がない!?と驚いたことをブログに書きました。

ほぼ毎日1ヶ月間手の平の生命線をなぞってみました。

驚いたことに、気力がUPした気がします。

というのは、7月入ってすぐ朝の登校(1.3km)を渋り歩き切らないことが週2〜3回ありました。

それがなんとまあ!なぞった次の日からは1度も「歩けない!」ということなくみんなについて歩いて行きました。

生命線が薄いのは「やる気はあっても体力と気力が追いついていかない状態。」なんて書いてあるサイトもありました。

え!?こういうこと!?即効性あるものなのか!?

と驚いております。

単純にツボ押し効果もあるのかもしれませんね。

生命線って、長いと長生きみたいなイメージでしたけど、今の状態も十分反映するものなのですね。

ちなみに見え方なのか、気持ちの問題かいくらか線が濃くなった気もします。

この夏、コロナにも熱中症にも負けずに親子頑張りたいです。

【スポンサーリンク】


障がい者求人紹介【ラルゴ高田馬場】

プロフィール

3児の母。長女:一本字眉子(小2・自閉症スペクトラム障害)、長男:ほほえみ太郎(年長)、次男:頰之介(0歳)の子育て奮闘中。

音楽療法士、臨床心理士、公認心理師

ここから発達らぼ代表

my interest:ピアノ、読書、禅(Zen)、シンプルライフ、タロットコーチング、おうち療育、モンテッソーリ教育、発達科学コミュニケーション、輝きベビーアカデミートレーナー

タグ

-児童発達支援, 子育て想いごと, 発達障害とシンプルライフ, 登校班のこと, 自閉症スペクトラム障害

© 2021 ホルンの子育て想いごと Powered by AFFINGER5