児童発達支援

発達障害児と虫よけスプレー。過敏っこのヒット商品を探すコツ

8月も終わりますが、まだまだ蚊がいらっしゃいますね。

夕方お外で遊ぶので虫よけスプレーに守られています。

発達障害児、特に自閉症スペクトラム障害のお子様で、虫よけスプレーが苦手な子もいらっしゃるかもしれません。

皮膚感覚への敏感や鈍麻があることが多いからです。

うちの眉子(小2:自閉症スペクトラム障害)は痛みには鈍麻ですが、触れるもの(水、服など)には過敏を示します。

ですので、服もちょっとした素材でダメだったりして苦労してきました。

何ならば大丈夫か少しの差なのでヒット商品を見つけた時の喜びは大きなものです。

7年以上眉子と向き合ってきてみて、これは過敏っこのヒット商品を見つけてあげるコツかもしれないと思ったことがあります。

それは、

‘赤ちゃんに優しい’は過敏っこにも優しい

ということです。

当たり前っちゃ当たり前ですよね。

赤ちゃんに優しい=刺激が少ないですものね。

でも7年越しでやっと気がつきました(笑)

眉子(小2:自閉症スペクトラム障害)は虫よけスプレーは大丈夫(むしろ好き)ですが、日焼け止めはつけられません。

日焼け止めを「痛い。」と言います。

水気具合が違うのか…。鈍感な母にはわからないものですが痛いならば仕方ないとUVケアしてあげられていませんでした。

先日赤ちゃんのために購入したアロベビーさんのUV&アウトドアミストですが、虫よけと日焼けどめの一体型です。



【アロベビー UV&アウトドアミスト】

さて、眉子(小2:自閉症スペクトラム障害)がどんな反応をするかと思っていましたら、シュッシュと自分でつけています!!

力のない眉子にも簡単に押せるので自分でつけます。

色は日焼けどめですが、つけ心地はミスティです。

ちゃんと肌に伸ばして使っています。

頰の助(0歳5ヶ月)にもつけてくれます。

頰の助(0歳5ヶ月)にも愛用していますが蚊に刺されません。

(しないでちょこっと抱っこしたまま庭に出ると刺されるので虫よけ効果も大きいなと感じています)

なんだか、過敏のある娘にヒットした商品や受け入れられる物が増えるってすごく嬉しいことです。

発達障害や自閉症スペクトラム障害、過敏があるお子さんにとって‘ヒットする’商品を探すのって苦労しますよね。

眉子(小2:自閉症スペクトラム障害)にはヒットしたけれど他のお子さんにヒットするかはわかりません。

もちろんその逆も十分あります。

うちは夏の肌掛けが7歳にもなって未だかつてマッチするものを見つけられておりません。

寝てても嫌いな肌掛けがかかっていると起きてくるんですよね。

現在家にあるかけ布団でOKなのは毛布だけです。

今年お気に入りのキャラカバーにしてみましたがダメでした。

経済的に何枚も試せるわけではなく、かけないで眠ることもしばしばです。

ただ、このアロベビーさんのUVミストを使ってみて、ふと赤ちゃんに優しいは発達障害児の過敏症にも優しいのではないか?

と気づかされました。

早速赤ちゃんのおくるみガーゼをかけてみたところ夜中に起きて怒ってはぐことはありませんでした!!!(わーい)

仮説を立て、検証してゆく。

3児の育児は大変だけど、赤ちゃん(頰の助)のおかげで赤ちゃん用品にまた向き合うことができます。

家族のそれぞれが心地よい物を探していきたいです。

【スポンサーリンク】



プロフィール

3児の母。長女:一本字眉子(小2・自閉症スペクトラム障害)、長男:ほほえみ太郎(年長)、次男:頰之介(0歳)の子育て奮闘中。

音楽療法士、臨床心理士、公認心理師

ここから発達らぼ代表

my interest:ピアノ、読書、禅(Zen)、シンプルライフ、タロットコーチング、おうち療育、モンテッソーリ教育、発達科学コミュニケーション、輝きベビーアカデミートレーナー

タグ

-児童発達支援
-, , ,

© 2021 ホルンの子育て想いごと Powered by AFFINGER5