児童発達支援 子育て想いごと 登校班のこと

7月のおたまじゃくし〜他人に迷惑をかけたくないという思い〜

梅雨がなかなか明けませんね。

ムシ暑さと休校明けの体力がまだ回復せずに、お疲れモードの眉子(長女)です。

通学路には田んぼがたくさんあって、稲がぐんぐんと成長してきました。

カエルもゲコゲコ。

ふと田んぼを見ると、おたまじゃくしがたくさん泳いでいます。

7月半ばでまだおたまじゃくしがいることにびっくりしました。

勝手なイメージで6月には全員がカエルになって大合唱だと思っていました。

ふと浮かんだのは去年、「登校班の集合に遅れちゃう!早く!」と怒っていた私

いつカエルになったっていいじゃない。そう思えるのに、登校班の集合に遅れないようにと早め早めに行動し、玄関を出るまでさまざまな儀式にこだわる眉子(長女)に「早く!」と怒ってしまったこともありました。

理由はただ一つ「みんなを待たせて迷惑をかけちゃいけない。」と思いが強かったからです。

おたまじゃくしは別にいつカエルになろうが気にしていないと思います。

私は眉子に自分のペースで良いと思っていながらも、人と交わる時に迷惑をかけないようにと気を遣い、本人のペースを崩すような声かけをしイライラしていました。

そんなことに気づかせてくれた7月のおたまじゃくし。

時にはスイスーイって人のこと気にせずに親子で泳ぎたいですね。

【スポンサーリンク】



プロフィール

3児の母。長女:一本字眉子(小2・自閉症スペクトラム障害)、長男:ほほえみ太郎(年長)、次男:頰之介(0歳)の子育て奮闘中。

音楽療法士、臨床心理士、公認心理師

ここから発達らぼ代表

my interest:ピアノ、読書、禅(Zen)、シンプルライフ、タロットコーチング、おうち療育、モンテッソーリ教育、発達科学コミュニケーション、輝きベビーアカデミートレーナー

タグ

-児童発達支援, 子育て想いごと, 登校班のこと

© 2021 ホルンの子育て想いごと Powered by AFFINGER5