子育て

卒業文集に驚き!子どもの成功体験はどうつくる?

▼ことばが苦手な子の会話力がぐんぐん伸びる!【約10分で読めます】

おしゃべり上達メソッド

▲本をクリックすると無料でダウンロードができます。

小学6年生の皆さん
ご卒業おめでとうございます!

支援級娘は来春は4年生に
なります^^

昨日は、卒業生の一言集を
娘が持って帰ってきました。

23393291_s.jpg

テーマは
小学校6年間で
1番印象に残っている
ことは何?

一人一人6年生が
1行2行で書いたものです。

・持久走で1位をとった
・球技大会で1位をとった
・運動会で優勝した
・キャンプファイヤー
・動物園

と成功体験や
楽しい思い出が並ぶ中、

・1年生の時に頭をぶつけた
・2年生の時に転んだ
・骨折した
・鼻をぶつけた
・大泣きした
・友だちと大喧嘩した
・ハードルでこけた
・運動会の練習で迷子になった
・2年生の頃熱で休んだ
・2年生の時に雪合戦で
6年生にぶつけられたこと
・首を寝違えたこと

1848203.jpg

失敗体験も多くて驚きました。

その体験もつい最近ではなく
4年も5年も前のことです。

よっぽど印象
残っているんだな!

今では笑い話だね・・・

で済ますのは危険です。

ヒトってネガティブな記憶ばかり
では脳が育ちにくくなるからです。

失敗体験を書いた子どもたちが
全員脳が育たないとか、
ネガティブを書いては
いけないということを
言いたいのではありません。

ただ、子どもたちに
「できているところに注目する!」
という習慣を大人たちが
つけてあげられたかなぁと
思ったのです。

3131856_s.jpg

運動で1位をとる子たちは
クラスでも一握りです。

1位をとった子しか成功体験
積めないなんてことはありません!

友だちと遊んだ!
挨拶が元気にできた!
消しゴムを貸してあげた!
図書館の本をクラスで一番借りた!

成功体験
たくさんあるのです。

ただこれを、
大人が注目しないと
子どもが「できた!」と
注目できないと
成功体験として脳には刻まれません。

22349187_s.jpg

気づいたとき、
今からでも遅くありません。

小さな「できた!」
ことばで子どもに伝えて
くださいね^^

今日いくつ言えるでしょうか?

「もう起きたね!」
「カレー元気に食べてるね!」
「笑顔がかわいいね!」
「トイレ行けたね!」
「宿題やろうとしてるね!」
「通知表見せてくれたね!」
「かっこよく絵描けたね!」
「丁寧に靴履くねぇ!」

たくさんのできた
増える週末になりますように♡

▼無料メール講座はこちら!

▼ことばが苦手な子の会話力がぐんぐん伸びる!【約10分で読めます】

おしゃべり上達メソッド

▲本をクリックすると無料でダウンロードができます。

▼おしゃべり上達メソッド体験!リアルな3ヶ月
※画像をクリック

-子育て
-, , ,

発達の専門家が教える!脳を伸ばして子育ての悩みを解決する方法~1日1分無料メール講座~
無料メール登録はコチラ
発達の専門家が教える!脳を伸ばして子育ての悩みを解決する方法~1日1分無料メール講座~
無料メール登録はコチラ