おうち療育

反省の育児を卒業したい!ASDママの決意

厳しい声かけたいわけ
じゃないのに・・・

自閉だから、特性だから
優しくしたいのに・・・

私はASDの娘を
育てる中いつもいつも
心が重い子育てをしていました。

正確には、「とことんやるぞ!」と
娘をひたすら受け止めようと
頑張っては、
言葉がうまく喋れない娘が
最後はかんしゃく・・・

夜中まで娘のこだわりに付き合って
最後私の限界を迎えて
怒ってしまう。

私の気分によって
合わせようと頑張るか
早くしてよ!と
イライラしていました。

22825546_s.jpg

昨日個別相談にいらしたAさん。

就学が近づきうまく話せないお子さんへの
対応を変えたい!

会話力をあげてあげたい!

「やってしまった」と反省する自分を
卒業し、自信を持って子育てしたい!

と発コミュの講座をスタートすることを
お決めになりました。

22161226_s.jpg

なんでこんなにASDっ子のママたちは
対応に悩むのだろう・・・

胸が痛くなります。

ただ臨床心理士の私だって、
これだ!!っていう対応できませんでした。

急に頑張ってとことんこだわりに
夜中まで付き合ったり、
急に焦って厳しくなったり
ブレブレでした。

心理学を学ぶだけでは、
育児本を読み漁るだけでは、
できなかったASDっ子対応の軸。

私は「お家で脳を育てる」
いうことで見つけることができました。

ASDの娘の脳を育てるために
コミュニケーションをすればいい。

本当にシンプルです!

スクリーンショット 2022-05-04 6.59.34.png

発コミュではまず「肯定的な声かけ」を
お教えしていきます。

単に褒めそやかすではなくて、
脳に褒めが届く声かけ術
お伝えしています。

ASDっ子の脳を育てると、
かんしゃくが落ち着いて
集中力が出て
会話がの力が育っていって♬

ママたちは対応に迷わなくなり
本当に楽になっていきます。

今日は日曜日
肯定的な声かけの大チャンスです!

いつもできている当たり前のことを
今日は褒めてくださいね^^

「ご飯食べたね!」
「トイレ行けたね!」

ママの笑顔肯定的な声かけ
お家療育のスタートです^^

pixta_82221009_M.jpg

▼無料メール講座はこちら!