おすすめ書籍

発達障害の子の「会話力」を楽しく育てる本

今日は子どもの好きを大切に会話を
広げよう!と提案されている
藤野博先生の本をご紹介いたします。
S__9388036.jpg
発達障害の子の「会話力」を楽しく育てる本
藤野博 著 2017年 講談社 
先生は発達障害の子の
「会話力」に必要なのは、

✔日常生活に必要な会話ができる

得意なやり方をベースにしている
✔本人が会話を楽しめている
こととおっしゃっています。
一般的な会話力である
場を盛り上げるとか
雑談力があることではないのですね。

23610760_s.jpg

興味をベースに会話の
モチベーションを持たせる。

その子の得意な会話の仕方でOK!

わかりやすい会話
会話への苦手意識を和らげる。

ことが大切であると語ってくださっています。

23534693_s.jpg
本当にそうですよね!
会話が楽しい!
会話したい!
この気持ちがないと
会話力は上がらないですよね^^
そのためにママとのコミュニケーションを
楽しいものにしたいのです。
「楽しい」なので、どちらかが
我慢するものではありません。
ママもわが子との会話が楽しい!
と思えることが大事です。

5036315_s.jpg

自閉っ子は会話が一方的であったり、

おうむ返しなど独特なことがあります。
なかなか楽しいって思えない!
ことあると思います。
私も自閉っ子娘が何を
言っているかわからず
「言葉」でのやりとりが得意な
私はとても辛かったです。
そんな娘と
親子のコミュニケーション
スムーズになると会話の脳が育ち
言葉でやりとりできるので
「楽しい!」と思うことが増えました!
会話力をあげるためにやったことは
とにかく肯定的に声をかけることです。

pixta_82221009_M.jpg

すでにできていることに注目し

「もう食べたね!」
※心では、早く着替えてくれーと
思っていても
できているところに注目しました!
「もう靴はこうとしているね!」
※早く履いて!という声かけはできていないことへ
注目してしまっているので変えました。
 
 
こんな風に肯定的な声かけが
自閉っ子の脳に届くと
会話の力がぐんと伸びていくのです。
ぜひできているところに注目して
声かけしてくださいね^^

▼無料メール講座はこちら!