おうち療育

アメリカの自閉っ子への超早期療育は1歳から週20時間の介入をしてゆきます

 
アメリカでは乳幼児期が一番
療育の効果があるからと
超早期療育が開発された
1歳からスタートする
ASD児の介入プログラムがあります。
脳の機能が一番育つ
時期こそ言葉の力を発達させる
関わりを積極的に行っていくのです。
トレーニングを受けたセラピストが
週20時間行うもしくは
専門家の指導のも親が家で
実践することを組み合わせて行います。
1歳で週20時間
セラピーを受けている
自閉っ子が日本に何人いるのだろう
と思ってしまいました。
日本のセラピーって
欧米と約50年遅れている
なんて揶揄されることがあります。

22852237_s.jpg

日本って正直
このとっても大事な1−2歳の時期に
いくら母親が言葉の遅れを心配しても
「様子見」をする国だと思います。
50年も様子見にするのかと思うと
恐ろしいくらいです。
最近私の元には1歳〜2歳の
言葉がゆっくりな
お子さんの相談がとても多いです。
そして、
おしゃべり上達メソッドを始めたい!と
講座をスタートされる
1〜2歳の方が増えています。
今日は1歳のお子さんのママさんが
講座をスタートされるので
私もワクワクしています^^
 
23932652_s.jpg

私の自閉の娘は自閉症です。

2歳前で歩けず単語もほとんどなく
かんしゃくがひどくなっていたので
一番支援が欲しかった時期です。
できることはやりたい!と
2歳前に療育の希望をしましたが、
様子をみましょう」でした。
ですので、こうやって
1〜2歳だからこそ
脳科学ベースの子育てを学びたいです!
と頑張りたいママを
本気で応援しています。
 
スクリーンショット 2022-05-27 17.25.15.png

会話できる楽しみを

私はどの子にも届けたいのですが
会話できるよう脳を育てるまで
となると1回の個別相談じゃ到底
無理なんです。
 
 
私の講座はパソコン1台
買える値段します。
 
 
その1台のパソコンの値段で
2歳のお子さんの会話力
あげられたら
3歳は?
4歳は?
どんな未来になっていくのだろう?
 
 
アメリカの自閉っ子は
1歳からの超早期療育
介入されていて、
日本はまた今日も様子見
と言われる親子がいる。

そう思うと今日も

笑顔で会話する親子
増やしていく^^
私はそこの夢に向かって
走っていくだけだと決意を
新たに思うのです。

0181_xlarge.jpg

 
 
 
 
 
 
 

 

▼無料メール講座はこちら!