おすすめ書籍

うちの子、まだおしゃべりができないのですが大丈夫でしょうか?

今日は
東口たまき先生の本を
ご紹介いたします^^

うちの子、まだおしゃべりができないのですが大丈夫でしょうか?
多くの保護者が相談した、子どもの気になる発達
東口たまき 著
平成27年7月10日彩図社出版

IMG_0422.jpeg

相談のQ&A方式の本なのですが、
回答が素晴らしいのです!!

1つは感覚統合療法(※)の軸に
そって回答されているということ^^

もう1つは、回答のケースが
細かいのです!!!

例えば「言葉を話さない」
という相談に対しても、

・話さないけど理解している子には
こうです、、、、

・話さないけどおおむね
理解している子にはこうです、、、、

・話さないし、理解しているかも
わからない子にはこうです、、、

などとケースが細かく分かれて
いるのがすごくいいなと思います。

なぜなら、本を読んでも
自閉の娘にに当てはまるような
当てはまらないような・・・!?

ってなることがほとんど
だったからです!

24762910_s.jpg

それをお悩み1つとっても
分けてケースを分けて書いて
下さるのはとってもわかりやすかったです!

今日は感覚統合療法について
少し解説します。

療育施設で心理士として働いて
いた時に施設長が、感覚統合療法
の先生だったので、
私も大きく影響を受けました。

簡単にいうと、私たちの使っている
五感(聴覚、視覚、触覚、味覚、嗅覚)
や筋肉の感覚や、重力やスピードを感じる
感覚をうまく使えるようにしよう!

というセラピーです。

発達障害は脳の中で
感覚の交通渋滞が起こっているので、

✔感覚過敏

✔多動

✔言葉がゆっくり

✔不器用

などが起こると考えます。

これをスムーズに脳が
感覚を使えるようにして
生きづらさや困り感を
なくしていこう!

というアプローチです。

療育施設に通っていた子たちは
感覚が統合されることで
伸びていくと実感しました。

の動きをスムーズにしていく
ことで子どもはぐんぐん
伸びていきます!

22589239_s.jpg

発達科学コミュニケーションは
を育ていく
ママのコミュニケーション術です。

たくさんの遊びや療育で
感覚を刺激していき、
ママとのコミュニケーションが
合わさったらやっぱり最強ですね^^

言葉が苦手な子たちには
を育ててできること増やしていきたいですね!

▼無料メール講座はこちら!