おうち療育

言葉が苦手な自閉症娘が授業で質問ができるようになった!お家療育【複製】

娘は知的障害のある自閉症で
支援級の小学4年生です。

小1に上がった時の
学校からの記録を見ると

単語の一部で話します。
「こんにちは」→「ちは」
「大丈夫」→「ぉぶ」
のようは発音です。

と書いてあります。

23555127_s.jpg

その後娘が7歳で
発達科学コミュニケーション
に出会い、を育てる声かけを
お家で実践していきました。

するとみるみる言葉
力が伸びていき

3ヶ月で学校のことが
話せるくらいに成長したのです^^

22672781.jpg

言葉の発達って脳ですから
脳を刺激してあげるのが一番です。

それが
お家のコミュニケーションで
叶ったのです!!

まさにお家療育ですよね。

1171292_s.jpg

去年の授業参観
調理実習の授業で、

調理室の使い方の説明の後に
質問がある人?
と聞かれて、

堂々と手をあげました。

「あの、包丁で手を切ったら
危ない。

血が出たらどうする?」

と保護者の前で
質問できたのです!

先生に保健室に
いこうね!と言われて
納得していました。

小1の時の様子を見ると
もう一生しゃべれない
のではないか・・・と
思っていましたので、

質問する姿が見られるなんて!

驚きと喜びでいっぱいでした。

お家療育は何が良いかって
言葉の支援の量が増えるから

結果が出るのが早いのです。

スクリーンショット 2022-08-26 8.29.41.png

自閉っ子におしゃべり
楽しむ時間を届けたい!

そんな想いでお家療育を
ママたちに教えています^^

どんな声かけをしたら良いか
メルマガでも書いていきますね!

▼無料メール講座はこちら!