おうち療育

自閉っ子育児・夫も私も限界だった・・・


自閉っ子の娘をしつけようと
叱ってばかりの毎日だった小1の頃

ある事件が起きました。

その日の朝も
私が「早くして!!」と
怒るものだから、娘がギャーギャー
泣いて夫にも当たり始めました。

すると主人が
「お前なんか知らない!!」
怒鳴ったのです。

25934340_s.jpg

夫も限界でした。

だけど私だって限界。

娘の自閉で仕事だってセーブしてる。

私の方が自閉っ子娘の相手で
睡眠不足なのに、
夫は怒る権利なんてない!

と夫を怒る。という
負のループでした。

家庭が崩壊していたと思います。

25207184_s.jpg

そんな中で娘が7歳で
発達科学コミュニケーション
に出会いました。

私は学んだことを実践して、
できているところに注目
肯定的な声かけを
とにかく増やしてゆきました。

ただただほめるだけではなくて
脳に届く褒め方を学び実践していくと
娘のかんしゃくがおさまってきたのです。

そして、自分でできることが増えて、
いい行動が増えるのと比例して
ことばの力が上がっていったのです!

りんごが「ご」のような言葉数
だった自閉っ子娘が、

発コミュスタート1ヶ月で
「アルファード乗った!」とか

「〇〇くんインフルエンザで休みだって!」

など

今まで言えなかった
言葉を言うようになり、

学校での出来事を
話すようになったのです!!

スクリーンショット 2023-02-27 9.11.44.png

今では交流級の友達と大人の介入なしに
休み時間も放課後も遊べるようになりました。

ママが対応に迷わないことが
こんなに自閉っ子子育てを楽しく
かんしゃくを減らせることができるんだ!

こんなにも会話力
家で成長させられるんだ!

かんしゃくが減り言葉が増えるだけで
こんなにも家族が円満になるんだ!!

と感動し療育施設の心理職を辞めて
発コミュコミュニケーション
トレーナーとして起業し、

言葉が苦手な自閉っ子専門に
おしゃべり上達メソッド
お教えているのです^^

スクリーンショット 2023-02-14 12.18.43.png



▼無料メール講座はこちら!