おうち療育

知的障害のある方は99%が施設か就労になるからこそ・・・

週末はおしゃべり上達ラボの
18歳食いっぱぐれない
プロジェクトがありました。

知的障害のあるわが子に
選択できる人生を手渡したい!

生き生き働ける未来がゴール!
を合言葉に

ママの視野を広げて
ることが目的です。

自閉症や知的障害のある方が
働く職場を見学に行って
インタビューをしたり、

働くために必要なスキルや仕組みに
ついて毎月勉強をしています。

%LAST_NAME%さんは
自閉症の子たちは得意を仕事に
させなきゃ!と思っていませんか?

実際私も思っていましたし、
ただ自閉の娘はこれといって
数字が強いとかも特には
ないんだよなーと考えていました。

けれど、11月に見学させていただいた
重度知的障害のある方も働く
会社さんでは、

気持ちが荒れても
「週末にお母さんと〇〇に行くから
頑張る。」

とか

「〇〇を買うために頑張る!」と
気持ちを立て直せるそうです。

私たちも多かれ少なかれ
会社員時代は嫌なことがあっても
お給料のために頑張るということは
ありましたよね。

全く同じでした^^

自閉症だから得意を仕事に
しなくてはとプレッシャーに
感じなくてもいいんだ!

理解ある職場で働きながら
週末の楽しみのために
働くことだっていいんだ^^
と視野が広がりました!と
ラボの方からも感想をいただきました。

わが子の
好き!をたくさん見つける。
体験を増やしたいと
夢を語ってくれるママも
いらっしゃいましたよ。

大事なのはママが視野を広げること。

わが子の発達の専門家になること

1人で子育てしないこと

ここに尽きますね^^

ことばが苦手な自閉っ子の
生き生き働く未来をつくるために、

ママがやるしかないのです!

おうち療育でことばを増やし
コミュニケーションを
広げていきましょう!

 

▼無料メール講座はこちら!