おうち療育 特別支援学級

驚愕の就学相談の結果の電話。支援学級?支援学校?わが子が伸びるのはどっち?

▼ことばが苦手な子の会話力がぐんぐん伸びる!【約10分で読めます】

おしゃべり上達メソッド

▲本をクリックすると無料でダウンロードができます。

6年前の6月に自閉っ子娘のことで
「就学相談」を受けました。
市役所の面談室に夕方行き
1時間ほど市役所の就学支援委員会の
先生と母は面談し、
もう一人の方が娘の様子を
見ている。
22440513.png

そんな時間でした。
 
聞かれたことは主に
✔保育園の様子(集団)
✔生育歴
✔身辺自立
就学先の親の希望
 
 
娘が年長の時は、
IQ=40くらいでまだお話もほとんど
できないですし、
かんしゃくもありましたし
おしっこの失敗もありましたから
支援学級でも支援学校でも
どちらでもいいと思っていました。
できたら地元の小学校
(支援学級)に
行かせてみたいけれど、
就学支援委員会の皆さんがみて
支援学校の方が伸びるのであれば
どちらでも良いです。
とお話ししました。
 
では、保育園の子たちは8月に
様子を見させてもらいにいきます。
11月の就学支援委員会で
市役所の方
保育園の先生
療育の先生
その他の委員の先生
とで支援級か支援学校かの
判定が出ます。
それを受けて最終的に
決めていただくのはお母さんです。
支援学校に行くならば判定が出て
1週間後の11月半ばに
最終の締め切りになるので
そこまでに答えを出すように
と言われました。

26509605_s.jpg

そしてドキドキの11月
市役所からの電話!!!!
 
 
なんと!!!!
「忙しくて保育園に娘さんを
夏に見に行くことができず、
11月にいっていいですか??」
との電話でした。
 
 
え・・・・!?
母:
「あのこのお電話で
支援学校か支援級かの
判定が聞けると思っていたのですが。」
 
市役所:
「ああすみませんかりんさんは12月の
委員会に出そうと思います。」

母:

「え!?支援学校の締め切りが
あったと思うのですが?」

市役所:

「ああそうですよね、、、
では1年生のうちは
お母さんが希望するように
支援学級にしましょう!
難しかったら2年生から支援学校も
考えましょう^^」
 
 
驚愕!!

受験よりもある意味ドキドキしていた
結果が、
このお電話で決まりですか!?と
驚きとともに全く支援級で
決定された気がしません・・・。

気持ちも宙ぶらりんでしたが

支援学校への申し込みも
しませんでした。
クリスマスの頃に再度電話が来て
「支援学級でいきましょう!」と
支援委員会でも方針が出ました!!
 
とのことで無事に!?
支援学級に決定したのでした。

26283095_s.jpg

支援学級?支援学校?について
また明日書きますが、

悩んでいるママがいたら

「自信が育つ場所」
選んで欲しいです。

専門家の立場からも

自閉症を育てている親の立場からも
何よりも自信と思っています^^
自信が育っている子は
新いことに取り組む力があります!

行動力がアップするので
脳が育つサイクル

学校でも入ることができるからです。
支援学級?支援学校?
ことばが苦手な子どっちが
育つ?についてはまた明日
書きますね^^

▼無料メール講座はこちら!

▼ことばが苦手な子の会話力がぐんぐん伸びる!【約10分で読めます】

おしゃべり上達メソッド

▲本をクリックすると無料でダウンロードができます。

▼おしゃべり上達メソッド体験!リアルな3ヶ月
※画像をクリック

-おうち療育, 特別支援学級

発達の専門家が教える!脳を伸ばして子育ての悩みを解決する方法~1日1分無料メール講座~
無料メール登録はコチラ
発達の専門家が教える!脳を伸ばして子育ての悩みを解決する方法~1日1分無料メール講座~
無料メール登録はコチラ