おうち療育

自閉っ子の言葉を引きだすペーシング・お家療育のススメ

今日は自閉っ子の言葉の
ことばの表出を引き出す
ペーシングについてお話しします^^

ペーシングは会話のスピード
合わせることで自閉っ子の
言葉を引き出すテクニックです。

22357644_s.jpg

矢継ぎ早ではなくママが
子どものペースに合わせて
会話をすることで、

親子のコミュニケーションが
スムーズになります。

自閉っ子の会話力を上げるのに
ママがペーシングスキルが
あるかどうかは大きなポイントになります。

実際にどうやるかというと、
矢継ぎ早に話さない!!
ということです。

4042372_s.jpg

子どもの雰囲気
気持ちを感じ取りながら、
話すスピード・テンポ、
声のトーン・大きさ
子どもに寄せて話します。

ダラダラしている子どもに
「早く食べなさーい!!」と
大きな声で叱るのでは、
ペースが全くあわないですよね。

子どもは動きませんし、
会話の脳も育ちません。

 
✔雰囲気
✔気持ち
✔話すスピード
✔話すテンポ
✔声のトーン
✔声の大きさ
これに気をつけてペースが合うと
お子さんがポツリポツリ
自分の言葉で話し始めます。

子どもの脳は未熟なので
話し出すまでに時間がかかることや、
あまり考えないで
言葉を出すこともあります。
子どもが言葉を出そうと
脳を処理しているところに
ママが矢継ぎ早に話しかけてしまうと
表出がセーブされてしまいます。
せっかく
話し出そうとしているのに
どんどん話しかけられると
脳が新しい情報を処理するので
言葉が出てこなくなります。

5036366_s.jpg

自閉っ子との会話を増やしたい

そう思った時には、
ペーシングを使って言葉を
引き出していきましょう!

週末はお家療育の大チャンス!!

ペーシングやってみてくださいね♪

↓自閉症専用おしゃべり上達メソッド↓
無料メルマガで綴っております

▼無料メール講座はこちら!