自閉症育児

私は死ぬのにあなたは生きるの?緩和ケアでの出来事

私は、発コミュに出会う前は
音楽療法士と臨床心理士でした。

新卒で務めた病院は緩和ケア。

毎週誰かが「がん」で亡くなっていく。

もう喋ることのできない人、
今日旅たつ人、時には息が止まったあとも、
人間の最期まで残る聴覚を信じて、
祈るようにピアノを弾いていました。

24360282_s.jpg

綺麗事だけではありません。

なんで私は死ぬのにあなたは生きるの?
怒りをぶつけられたことも何度もあります。

私は、いつしか感情にフタ
するのが上手になりました。

ですので、初めての妊娠中に
私の父がガンで亡くなった時も、

娘に小さな脳出血があり
発達が遅れると言われた時も、
3歳で自閉症
4歳で障害者手帳をもらい

「この子は一生障害者として生きていくんだ」

って思った時も泣けませんでした。

24825078_s.jpg

私は、今あるものだけを大事にしていく。

新しい人間関係も刺激もいらない。

ピアノを弾いて本を読んで
書いて暮らせれば幸せ!
そう思っていたからです。

そんな私が、2020年出会ってしまいました!

発コミュに。
創始者吉野加容子さんに。

スクリーンショット 2022-10-13 8.53.29.png

人生は君が思うより
楽しんでいいんだよ。

そう吉野さんの口から聞いたとき
全くのひとごとでした。明日死んでもいい。

そう思って毎日生きていたからです。

けれど吉野さんと挑戦を始めた2020年。

私の心と人生が動き始めました!

明日死ぬことを考えるのでなくて、
ずっと先の娘と私の未来を描ける
ようになったからです。

自閉症の娘が活躍できる
仕組みだって創るんだ!!

そんな未来をワクワクして描いています。

IMG_0098.JPG

そんな夢をもっと大きく描いて
具体策にするために
今週末石垣島の起業家合宿へ
行ってきます!

誰よりも自閉症育児
楽しむ人生にするために?

挑戦を続けていきます!

▼無料メール講座はこちら!