おうち療育

会話の脳を育てるにはまず運動から!な理由

を育てるには
運動しなさい!

とお聞きになったこと
ありませんか?

「運動脳」や
「脳を鍛えるには運動しかない!」
と本屋さんでもベストセラーに
なっていますよね。

そう、運動する脳
木の幹のようなものです。
23379874.jpg
人間でいったら
体幹(胴体の部分)です^^

まだ体幹がふにゃふにゃな
赤ちゃんに手先を鍛えようとか
お箸を持たせようとか
ピアノを弾けるようにしよう
にも難しいです。

ほそーい木の幹にたくさんの
実や葉っぱはつかないのです。

ついたとしてもバランスが
とれないですよね。

運動の脳、の部分が育つからこそ

「伝える脳」
「記憶の脳」
「考える脳」

などが枝分かれしていける
枝が太くなっていける
実が育つ
そんなイメージです^^

なので療育施設でも
お散歩したり、プール遊びや
サーキット、リズム体操を
したりして、一見

「遊んでるだけ???」

と思ってしまうこともありますが
これは幹となる脳を育てているのです^^

25159548_s.jpg

最強寒波皆様いかがでしょうか?
本当に寒いです、、、。

週末何しよう?とお悩みありませんか?

運動というのは何も外に出て
サッカーや鉄棒が運動じゃないです^^

おうちの中で、ちょっとした工夫
運動する機会は増やせます!

手を繋いでジャンプ!ジャンプ!
手押し車
ハイハイ
前まわり
階段をのぼりおり
ミニおいかけっこ
競歩(うちの長男が好きです)

などなど^^
会話の脳を育てる土台
思えば少しだけ体を動かすこと
意識できそうです!

私が寒さが苦手でつい
運動怠けてしまいますので 笑

週末は皆さんと一緒に
運動を頑張りたいと思います!

スクリーンショット 2023-01-27 8.50.07.png

脳科学を知ると子育てが
もっと楽しくなる^^
発達科学コミュニケーション
マスタートレーナー今川ホルンでした!

▼無料メール講座はこちら!