おうち療育 子育て

支援学校の高等部の進学率はたった0.4%!?18歳までに今から未来を考える

昨日は知的障害のある方の
支援学校高等部卒業後の
進学率はたったの0.4%という
お話をメルマガで書きました。

1/9メールマガジン お家療育で自閉っ子がイキイキ働ける未来をツクルにじっこワークラボ始めます!↓

https://www.agentmail.jp/archive/mail/2617/8780/604335/

 

25327840_s.jpg

そして、
SDGsでダイバーシティ(多様性)が
謳われているように
障害者雇用でも多様性が認められ、

障害者の業務分担
チームで働く時代がくるでしょう。

そのためには、
①正しい自閉症の
脳の特性の理解がすすむこと

強みを周囲が
生かせるようになること

が必須になります。

25153197_s.jpg

幼児期の今から、おうち療育で
おしゃべりを上達させ
イキイキ働ける未来
を作り始める必要があると考えています。

療育任せでも
学校任せでもまだまだ難しいからです。

親が強みを生かす教育
家でできるのか、
自閉っ子のトレーニングを
考えられるかがポイントに
なってくるのです。

25238686_s.jpg

だけど一人じゃ到底難しい!

なので2023年作っていきます!

お家療育で自閉っ子がイキイキ
働ける未来をツクルにじっこワークラボ
を本格スタートしていきます。

自閉っ子のおしゃべりが上達して、
コミュニケーション力が伸びて、

そして、働く未来をママたちが
考えていける最高の居場所を
つくっていきます^^

1.png

乞うご期待ください!

▼無料メール講座はこちら!