児童発達支援

言葉が苦手なASDっ子ママが子どもの脳にストンと届けることができるシンプルな話し方

ついつい沢山!関係ないことまで!話してしまう

子どもに指示を含め何か伝えたい時、ついつい沢山話しをしてしていませんか。

色々目につきますし、あれもこれもと話が長くなってしまいますよね。

特にASDの子は、指示が通りにくかったり、気になる行動が多かったり、

ママとしては、伝えておかないと!となってししまいますよね。

私こそ、話の長いママでした

ダラダラとまわりくどく話しをしていました。

そういえば!とここぞとばかりに、いっぺんにいろんなことを伝えようとして、

子どもたちは最後は聞いていないなんてことも度々。。。

しかし、私が話し方をほんの少し意識するだけで、「子どもにちゃんと届く言葉」となり、

今では、言われなくてもできることが増えました。

子どもの脳は情報処理速度がゆっくり

子どもの脳は、大人に比べて情報処理速度がゆっくりです。

また1度に沢山の情報を処理するのが難しいという特徴もあります。

ですから、どんどん言い続けたり、まわりくどい言い方をしても子どもに指示は入りません。

ズバリ!!簡潔に話す!

簡潔とは、「指示を具体的に短く分解して伝えること」を指します。

できるだけ細かくした状態で具体的に伝えることが大切です。

例えば、子どもに着替えさせたいのなら、「着替えなさい!」と曖昧に指示を言うのではなく、

親の方で、「着替える」の意味を分解して伝えます。

「ますは、靴下を履こうね」「次はズボンを履こう」「Tシャツ着れるかな」と言った具合です。

「片づけなさい」「勉強しなさい」も同じです。
大人からしたら、着替えなさい!片付けなさい!で何をすれば良いか網羅することでも、

子どもからしたら、抽象的でどうしていいかわからない場合があります。

親から子どもに寄り添うことで、子どももスムーズに理解し、お互いのストレスが解消されますよ。
ぜひ!試してみてくださいね。


インスタグラムで、

言葉の苦手な子の会話がどんどん増える情報を発信してます!
ぜひご覧ください♪

▼立花千明Instagram
https://www.instagram.com/i_am_chiaki0538/

▼無料メール講座はこちら!