児童発達支援

力加減が分からずお友だちを突き飛ばしてしまう自閉っ子が楽しく遊べるようになるママとの室内レクレーション

1力加減が分からない自閉っ子

公園で遊んでいる最中に、お子さんが他の遊具で遊んでいるお友だちに好意があって近づき、お子さんのパワーが強すぎてお友だちを突き飛ばしてしまう。

また室内では、お友だちが遊んでいるおもちゃを横取り、壊してしまい、お友だちと保護者に謝罪。

このように力加減が原因で、トラブルが起こった経験はありませんか?

2勘違いされる自閉っ子長男

自閉っ子長男は、体が大きいうえに力加減が分からず、お友だちをよく突き飛ばしたり、おもちゃを壊していました。

決してわざとではないのですが、お友だちが泣きながら怒っているのは、自閉っ子長男も認識している様子でした。

直後、自閉っ子長男も一緒に泣いてしまうことが多かったのですが、保護者の方に「なんでお子さんが泣くんですか!?」と言われ、謝罪しかできませんでした。

突き飛ばしたお子さんに対しては、もちろん申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

しかし、その場にいるママや子どもたちから、白い目で見られている自閉っ子長男の姿を見るのは、本当に辛かったです

このようにトラブルを起こしてしまうと、二度と同じ場所には連れて行けず…自閉っ子長男の遊べる場所が、どんどん減っていきました。

3脳の発達がゆっくりな自閉っ子

力加減が分からずお友だちを突き飛ばしてしまう自閉っ子は、運動系の脳の発達がゆっくりです。

力が強すぎてお友だちを泣かせてしまったり、扱いが乱暴で、すぐにモノを壊すといったトラブルが発生しやすいのが問題です。

手に様々な皮膚刺激を入れると、微妙な力加減を調整できるようになります。

4自閉っ子が力加減を覚える室内レクレーション

▶︎おむすびづくり

「土曜日の朝ごはんはおむすび」というように曜日を決めたりして、気軽に楽しんでください。
おむすびを作るときは、手のひらの上にごはんをのせ、手のひら全体で握るので、皮膚感覚を向上させ、力の調整ができるようになります。

▶︎砂あそび、粘土あそび

指先だけで触るときは、皮膚感覚に与える刺激が手のひらとは違うので、力の調整にオススメなあそびです。
手のひらと指先から皮膚感覚に刺激を入れ、適切な力加減を身につけて、お友だちと楽しく過ごしましょう♪

インスタグラムで、自閉っ子の会話力がぐんぐん伸びる情報を発信しています。
ぜひ遊びに来てください。

\世界一ハッピーな知的障害子育て/
会話ゼロの子の言葉のキャッチボールが加速する♪
発達科学コミュニケーショントレーナー
水川 ねね
https://www.instagram.com/nene_mizukawa/

▼無料メール講座はこちら!

▼今人気の無料小冊子です!

ぜひダウンロードして読んで見てください^^

▲本をクリックすると無料でダウンロードができます。

-児童発達支援

発達の専門家が教える!脳を伸ばして子育ての悩みを解決する方法~1日1分無料メール講座~
無料メール登録はコチラ
発達の専門家が教える!脳を伸ばして子育ての悩みを解決する方法~1日1分無料メール講座~
無料メール登録はコチラ