児童発達支援

自閉っ子が言葉の力をつける【共同注視】をラクラク攻略

ママが見て欲しいものを見てくれない・・・

自閉っ子が、ママの指差したものに全然興味を示さず、全く関係ないものを見ていたり、何度見せようとしても頑なに見ようとしてくれなかったりして悲しい思いをしたことはないですか?

自閉っ子は、「見て!」と言われたものを共有して一緒に見る『共同注視』が苦手な傾向があります。

共同注視は、会話の苦手な自閉っ子が言葉を獲得していく力に繋がっていきます。

また、目と耳の脳を使って、『注意力』を育てられますよ。

今は苦手でも、少しずつ共同注視を練習すれば、その力は伸びるので安心してくださいね♪

全然共同注視ができなかった我が子

自閉っ子の咲人も赤ちゃんの頃から共同注視が苦手でした。

一緒にお散歩をしていて飛行機が飛んでいたり、綺麗なお花が咲いていたり、犬が散歩していたりすると、「見て!飛行機飛んでるよ!」「お花綺麗だね〜!」「ワンワンいる!」とその都度声を掛けてきましたが、全く興味を示してくれませんでした。

声を掛けるのをあきらめたら、言葉は伸びない

もしあのまま私が(反応してくれないからもうあんまり言わなくていいか・・)、と声かけを諦めてしまっていたら、言葉の獲得がもっともっと遅れていってしまったかもしれません。

好きなものなら一緒に見てくれる

共同注視が苦手な自閉っ子には、その子の好きな単語を入れてママが指さしてください。

どういうことかというと・・・のりものが好きな子には「見て!この石、電車みた〜い!」、こびとづかんが好きな子には「あの木、見て!こびとが住んでそう!」ウルトラマンが好きな子には、「あのマネキン、ウルトラマンに似てるね!」と言って見て欲しいものを指さします。

こうすることで、なんと無限に見て欲しいものを作る事ができちゃいます♪

自閉っ子が好きな単語を入れて、つい見たくなっちゃうように共同注視を誘ってみてくださいね♪

会話ができない子と自分史上最高の
『仲良し親子』になる♡


自閉症専用3ヶ月
おしゃべり上達メソッド
発達科学コミュニケーション 
トレーナー 桜山 尚

インスタグラムで会話が難しい自閉っ子とのママの関わり方について『愛着』にフォーカスして書いています。

▼桜山尚インスタグラムに遊びに来てください▼https://www.instagram.com/sakurayama_nao/?igshid=OGQ5ZDc2ODk2ZA%253D%253D

▼無料メール講座はこちら!