児童発達支援

自閉っ子のこだわり行動を尊重したスケジュール作成がサクサク動けるようになるコツ!

こんなお困りごとありませんか?

今日は用事があるからと、いつもと違う帰宅ルートを選択したときに

お子さんがルート変更を受け入れることができずに

パニックや癇癪を起こしてしまうことはありませんか?

困りごとの原因は・・・

強固すぎるマイルールを持っているお子さんの場合、

感情脳が未熟なことが考えられます。

行動の順番を自分で決めていてそれが1つでも狂うと

パニックや癇癪になってしまうといったこだわりは、

その子なりの、脳を働かせるための手段だからです。

わが子が絶対外したくない帰宅ルート

保育園帰りは、必ず公園とコンビニに行きたいわが子

歯医者の受診日だからと言ってルート変更しようとするものなら

癇癪を起こしてしまうので困っていましたが

対応を工夫することで帰宅ルートの変更を

受け入れる事ができるようになってきました!

ちょっとだけ違うやり方を提案してあげよう

全く違うやり方を強制するのではなく、

ちょっとだけ違うやり方や選択肢を提案して、

いつものマイルールとの共通点をそっと添えると抵抗がやわらぎます。

わたしの場合は、今日は歯医者の日だという時に

以前は歯医者の日は公園に行かないというスケジュールでしたが

歯医者に行ったら公園にも行けることを伝えていくことで

癇癪を起こさずにスムーズに歯医者にも行けるようになりました!

「こだわり」を強制的にやめさせるのではなく

その行動を望ましい行動や内容に

徐々に変化させていく工夫をしていけるといいですね。


Instagramで超早期療育についての情報を発信しています。

ぜひご覧ください^^

▼原田真衣Instagram 

https://www.instagram.com/mai.harada_happytalk/

▼無料メール講座はこちら!